スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行2013 パート16

ひと騒動ありましたが、特に被害もなく一安心でした。
さて、移動している車内の状況は、当日に書きましたのでそこに写真を追加いたしますので見てくださいね。

さて、約2時間半の電車旅を終え、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅につきました。
電車に乗った時は、ホームの奥の方から乗りましたが、到着すると逆に手前側に降りれます。
これって、2011年のローマーフィレンツェの移動のときも同じでした。(そのときは手前から乗り、奥に降りる感じ。)

サンタルチア駅前

駅に着いた時に、まず感じた違和感が「暑くね?」でした。ミラノは雨だったこともあり、肌寒い感じでしたが、こちらはTシャツだけでOKなぐらい暑い。
着ていた上着を脱ぎ、身軽になったところで、まずしなければならないことは・・・。

ヴァポレットのチケットを購入する。

売り場は、ネットで事前に調べてありました。駅を出たら左方向に行くと窓口と自販機があるはず。
予定どおり発見。子供のチケットの取り扱いが分からなかったので窓口で購入しようと思い、並ぶことに。自分の前には3組並んでいる模様。

・・・・・・、おい、1組さばくのにどんだけ時間かかるのさ。

あまりに時間が長いので、自販機で購入することに。
子供の分がどうなるのかは聞けなかったけど、必要だったらまずいので4人分購入。1回券€7×4枚。ちなみにクレジットカードが使えました。
ミラノのバス代€1.5。日本の都内のバス代200円ぐらい。それと比較するとめちゃ高い。€1=130円だとすると・・・、タクシーに一人ずつ別々にのるような感じか?
・・・これ以上考えると乗りたくなくなるので考えるのやめましょう

さて、ヴェネツィアで宿泊するA Tribute To Musicはアルセナーレで降りると近いとのこと。そこに向かうには、1番か41番のヴァポレットに乗れば良いらしい。
それぞれ通るコースが違うので所要時間も違うようで、1番はリアルト橋などがあるカナル・グランデを通るコースで50分。41は大運河を通るコースで30分。

今回は早く荷物を置きたいので、早く着く41番に乗ることに決定。乗り場は上の写真の右方向にありました。見つけやすいと思います。
しばらく待つと、ヴァポレット到着。さくっと乗り込みます。

ヴァポレット1ヴァポレット2


ヴァポレットにゆられることこと30分、アルセナーレに到着。

アルセナーレから

いやぁ~、素晴らしい!!!美しい!!!どこでテキトウに写真を撮っても絵になる町。
さてさて、ホテルに行きましょう。場所はヴァポレット乗り場から左方向へ進み、橋を一つ渡ったところにあるはず・・・。
ホテルべ2ホテルべ1


もうちょっと分かりやすくできないものだろうか・・・。ちょっと迷いました。
ともあれ、到着しました。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行2013 パート15

4月29日朝、昨日SIMカードを購入したので、現地で初ブログ更新をおこないました。(この記事です。)

今日はヴェネツィアに移動、ミラノ中央駅からトレニタリアで移動します。駅まで近いホテルなこともあり、ややのんびりぎみ。

テレビで昨日のサッカーの結果がやってないかな〜とニュースを見ていると・・・、
ACミラン4ー2カターニャというニュースがやってる!
うぁー、自分たちが帰った後に合計5得点かぁ・・・、見たかったなぁ・・・。
けど、あそこで帰らなかったら子供たちはもっと辛かったはずだし、仕方ない。

まずは朝食をしっかりとることに。

0429朝食今日の朝食

このホテルの朝食はなかなか良いと思います。ゆで卵好きな自分としてはたんまり置いてあるゆで卵が嬉しいです。

さて、ホテルを出てミラノ中央駅に向かう。朝は曇りだったんですが、しっかり雨が降ってます。文句を言っても仕方ないので雨具を用意して出発です。
ここに着いた日は駅前で写真をとるのを忘れてしまったので雨の中記念撮影。しかし豪華な駅ですね。

駅前にて

駅に着いて、出発時間までまだ間があるので、駅構内のお店をちょこちょこ見て行くことに。

ポーズ1恒例の同じポーズ

写真がなかったんですが、ここで子供の洋服を少々お買い物・・・、とこれが凡ミスであることに気づく・・・。
この後ヴェネツィアに移動する訳ですが、またミラノに戻ってくるんですね。なので、ここで買わなくてもまた後で買えるんです。余計な荷物を増やして出発・・・。皆さんも気をつけましょうね。(ていうか気づくって?)

ミラノ中央駅は、かなり上の階に鉄道のホームがあるので、エスカレーターというか動く歩道というか、を上の階へ上っていきます。
駅構内1駅構内2
TIM2

TIMもありましたよ。

駅構内にあったバーガーキングでお昼ごはんを食べてから電車に乗ることにしました。値段は正直高いですね。
食事を終えて、掲示板で目的の電車をさがす。なんで探すかというと、イタリアの鉄道の出発ホームって日本のようにあらかじめ決まってないようなんです。この日も当然のように出発ホームが表示されてませんでした。ハイ。

ミラノ掲示板

この写真は、出発ホームが表示された後の物です。下から2行目のVENEZIA S.L.と書いてあるところが自分たちが乗る予定のヴェネツィア サンタルチア駅行きの情報です。
列車の番号ES9721 出発時間12:35 出発ホーム11。この出発ホームがなかなか表示されないのがイタリアの鉄道の困ったところ。
あまりに出発ホームが表示されないので、その間に奥さんが子供たちをトイレに連れて行くことに。有料トイレかもしれないので、小銭入れを渡しました。(気が利くね、自分

一人でぽつんと待っているのも暇なので、タバッキで昨日のサッカーの試合の結果が載っている新聞を買っておくことに。・・・あ、小銭入れ渡しちゃったよ。しかたなくお札で支払い。
日本でも有名なピンク色の新聞「ガゼッタ デル スポルト」を購入。

ちょうど掲示板にホームの番号が表示された頃、トイレから戻ってきた。グッドタイミング!
早足でホームに向かう・・・。そしてパチり。

ホームにて

なぜ早足かというと、今回乗る電車の座席の2等席なんですが、車両がずーーーーーーっと奥の方なんで、さっさと行っておかないと焦るからです

ようやく自分たちが乗る7両目に到着。2011年の旅行のときのローマテルミニ駅にいた、「荷物を列車にのせてやったんだからチップよこせ男」はいない模様。ああいうのは1等席の客しか相手にしないのかな?
早速乗り込み自分たちの席を探す。すると近くにいた女の子4人組が「車両は何両目?7両目はこっちだよ。」「荷物置く場所はこっちだよ。」などと教えてくれました。

・・・さて、イタリア旅行といいますか、海外旅行に慣れた方ならもうお気づきでしょう。自分もこれを書いていて、「こんな怪しいヤツら相手にしないでしょ、普通。」と思います。ハイ。

そう、スリなんですね。この人たち。

座席を見つけ、座ろうとすると、子供(弟)が「ねぇ〜、なんでここに財布あるの???」
こら!だめじゃん、子供(弟)、こんなところで財布だしちゃ。返しなさい、・・・あれ?
しまった!!!やられた!!!
奥さんのバッグから財布が抜き取られ、ポイされてたんです。
イタリアで電車移動をするのは初めてではないですが、慣れている訳ではないので、色々とこれでいいのかな?という不安を持っていたんですが、その辺りの心境につけこまれた感じです。

やられた〜と悲しい気持ちで財布の中身を見てみると、カード類は無事、現金・・・も無事???なぜ???
一度は確実にバッグから抜き取られたんです。けれど、中の現金もカード類もなにも抜き取られず、そのまま座席にポイっとされてたんです。
抜き取ったけれど落としてしまったのか。はたまた、こんな貧しそうな一家を狙ったら可哀想と同情したのかはわかりませんが、財布の中身は無事でした。
財布は無事だったけれど、他に何かなくなってるものはないか?パスポートもある。カメラもビデオもiphoneもある。電車のバウチャーもある。あぁ!小銭入れがない!そう、それはさっき奥さんたちがトイレに行くときに渡した小銭入れ

過去に自分がスリにあった後、あきれかえって数年間、海外旅行時はけっして現金をもたせてくれなかった奥さん。相当落ち込んでおります。ハイ。(過去の記事を見てください。)

まぁ小銭入れの中身は€5程度だったんですが、ここぞとばかりに「ついに仲間入りだね」「被害が小さくってよかったじゃん。でもまぁ仲間入りだね傷口に粗塩を塗りこむように励ましました。ハイ

納得がいかない奥さん。バッグの中身をもう一度確認。すると・・・、あら?小銭入れあった。
結局、被害は一切無かったんですよ。まだ仲間じゃなかったんです。ハイ。
いつもだったらドヤ顔でほ〜ら、私が被害にあう訳ないじゃん!仲間なわけ無いじゃん!!!と言い返してきそうな奥さんもこのときばかりは、その気力も無かったようです。

けれどまぁ、一度はバッグから財布を抜き取られてるということで、準仲間に認定です。ハイ。

忘れないように・・・
・電車内で妙に親切につきまとってくる人は疑ってかかれ。
・バッグはしっかり鍵をかけよう。
・本当に神様は見守っていてくださってます

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行2013 パート14

ACミランvsカターニャ、前半が終了。

さてさて、めちゃくちゃ名残惜しいけども、その試合の陰で行われていた子供たちvs睡魔の戦い睡魔が優勢な状況ではこれ以上無理はさせられません。
ここで残念ながら自分たちはタイムアップ。ホテルに帰ることにしました。

他の観客がハーフタイム中にトイレを済まさなきゃと焦っているところ、自分たちは悠然とトイレを済ませ、出口へ向かう。
入ってきたときはえっちらおっちら(我らが愛する階段を上ってきたスタジアム。
出るときは螺旋状の下り坂を下る。

螺旋まさかここが通路だとは思いませんでした。

どこにバス停があるか分からなかったので、下まで降りてきてからスタジアムのスタッフらしき人に聞いてみると。
バス?無いよ?との返答・・・。え?んじゃ、ドゥオモまではどう行けば良いの?(←テンパってて自分が中央駅に帰らなければならないのに間違えて聞いていた
ロット駅までいけば地下鉄があるよ、とのこと。んじゃ、ロット駅はどっち?と聞くとスタジアム沿いにまっすぐ歩いていけば道に出るからそこもまっすぐ。とにかくまっすぐ。だって

その言葉を信じて歩く・・・歩く・・・歩く・・・。いったいどこなんだ???ロット駅!!!

スタジアムから離れてしまうと、道を聞こうにも誰もいない・・・。雨も強くなってきた・・・。まいったなぁ、またやっちまったか・・・?な〜に〜???やっちまったなぁ!!!!漢は黙って・・・(←もう古い?結構好きなんですがとまぁ、現実はこんなことを考えている余裕も無かった訳ですが・・・。

想像してください。初めて歩く外国の道夜で真っ暗大雨行き先も正直合っているか自信が無い・・・。
だれが聞いても最悪な条件ですね。ハイ。

しかーーーし、しばらく歩いているとタクシーが走ってくる!!!急いで手を挙げタクシーを止める!!!助かったぁ(神様はいる!確実に私たちを見守っていてくださってる!!!)

急ぎ乗り込みタクシーでロット駅へ向かう・・・、え?おもってたより結構走るな・・・。
もし歩いてたら・・・、きっとみんなもの凄く不機嫌になり、自分は立つ瀬が無かったことでしょう、ハイ。
ありがとうタクシードライバーさん!おつりはとっといて

今思えば多分聞き方が悪かったんだと思います。他にも帰り方はあったはず。
当初は試合終了まで見てればみんな帰るから、人の流れに乗れば良いやと考え、あまり真剣に調べてなかった自分が悪い訳なんですが・・・。次回行くときはもっと調べていこう。


いろいろありましたが、無事、地下鉄を乗り継ぎホテルに到着。みなぐっすり眠りにつきました。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行2013 パート13

入場してから待つこと約1時間、試合前のウォーミングアップが始まりました。
しばらくすると、ACミランのスタメンがウォーミングアップのためにフィールドに出てくると、ウォーーーーーとでっかい歓声が上がる。
練習

この瞬間あることに気づく。
あ・・・望遠レンズ、ホテルに置いてきた

仕方ない。記録は出来なくとも記憶にとどめよう。
子供たちも目を覚ます。起きて一言目が「寒い・・・」
そうなんです。サン・シーロのスタンドめちゃくちゃ寒いです。雨が降っているということもありますが、他のお客さんの服装をみるといつも寒いんでしょう。けっこう防寒対策をしている感じ。

ありったけの着るものを子供たちに着込ませ、観戦することに。

前半のACミラン、何度もチャンスを作るも最後の一押しが足りない感じ。めちゃくちゃ惜しいシーンが多い。
チャンス1チャンス2
チャンス3チャンス4


どんどん、応援が大きくなる。近くにいる子供も大人も大声で選手の名前を連呼。
うーん、いいなぁ、この感じ。楽しい!!!
日本でもサッカーの試合は何度か見に行きましたが、ここまで一体感のある応援はすごいと思いました。例えるなら日本代表の試合の時のような一体感をリーグ戦でも毎度作り上げている感じ。本当に見に来て良かった。良い経験でした。

そんな中、ついに!!!
ゴール1

ゴール2

ゴール3

ゴール4

ゴーーーーーーーーーーーール!!!!!
マテュー・フラミ二!!!!!


ゴール5

きたーーーー!!!!これを見に来たのさ〜。スタンドも大興奮!!!!

スタンド

気分は最高です!!!

忘れないように・・・
・スタンドは寒い!すごく寒い!防寒対策必須。
・ナイターは日本時間では深夜。子供には辛い。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行2013 パート12

やってまいりましたサン・シーロ
予想以上の大きさに、正直ビビりました。感動しました。興奮しました。

さぁ、ここからが本番。当日チケットを買えるのかどうか!?
結論から先に申しますと、スタジアムのチケット窓口で買えました!

チケット

事前にネットで調べていた情報と違いましたが、結局一番いい結果になりました。ハイ。
前の記事に書いた、情報2・4・5は私の場合は違っていました。イタリアのセリエAはシーズン途中でも色々取り扱いが変わるよというものを見かけましたがまさにその通りだったようです。

チケット窓口は写真のスタジアム本体にある訳ではなく、小さな茶色い小屋がありました。
そこで、希望のシート(自分たちはSecondo anello Rossoにしました。)と枚数を言って、パスポート原本を人数分提示してクレジットカード(もちろん現金でもOK)でお会計。という手順でした。ちなみに値段は1名€25でした。
写真の消してあるところのうち、左側下の長い部分に名前が入ります。その上と右の消してある部分は座席番号。Ingressoは入場するゲートの番号です。

キックオフ時間の20:45までまだまだ時間があるので、どこか座れるところで時間つぶしをしたいところ。
とりあえずスタジアムの周囲を探索。まわりにはユニフォームやらチームグッズを売ってる店やパニーノなどを売ってる店が点在してました。その中から9番ゲートに近く、イスとテーブルがあった店でちょっと食べながら時間をつぶす事にしました。

スタジアム周辺左が食べ物屋、右がグッズ屋、奥がスタジアム。

飲み物とポテトフライを注文して、のんびり待つことに。他の席にも同じように開場までの時間つぶしをしている家族がいました。
しばらく経つと少しずつ人が増えてきました。お店の人も忙しそうに注文をさばいています。早く中にはいりたいなぁと思っていると、ポツリ。ん?雨?と思ったら、あっというまに本降り。一応テーブルには傘がついていたんですが、風もでてきて防ぎきれない。もってきた雨ガッパを着こんで、さらには傘をさして時間まで待つハメに。

まぁ、なんとか時間を潰して開場時間になり、指定された9番ゲートへ向かう。
天気が悪いので、皆早く中に入りたいという気持ちはわかるんですが、割り込みしてくる人多すぎ。
きれいに並びなさいとは言わないけれど、もう少し先に待っていた人たちに配慮しなさいよと思いました。
それとここが大事!入場する際に、もう一度パスポートが必要になります。なので、バッグの奥底などにしまいこまないように注意。あ、もちろんチケットも必要ですよ
係の人がチケットに印刷された名前とパスポートを照合してから中に通されました。(きっちり4人分確認してました。)

ゲートをくぐると、もう傘はいりません。もちろん座席もバッチリ屋根つきなので濡れる心配なし。
スタジアム座席
分かりますか?ショップで買ったユニフォーム着てます。

あとはキックオフまでスタジアムの中でのんびり・・・と思っていたら、待ちすぎて子供たちの眠気がピークに・・・。とりあえずキックオフまで寝かせておこう。
考えてみればイタリアで20:45って、日本では深夜3:45だもんなぁ。昨日到着したばかりで疲労感も時差ボケも解消できてないしなぁ。ゴメンヨ子供たち。

忘れないように・・・
・当日チケットはスタジアムにある窓口で買えた。(ただしいつも買えるか確証なし)
・サンシーロまでのトラムは途中バスに乗り換える場合もある。
・チケット購入、スタジアム入場にパスポート必須。奥にしまい込まないよう注意。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

プロフィール

NOTASAN

Author:NOTASAN
旅行・お酒・洋服・靴・園芸・電化製品・テニス などなど・・・。
相変わらず、中途半端にあれやこれややっております。
あちこちに気が散るうえに忘れっぽい自分。再度1年半以上ほったらかしにしてしまった(忘れていた?)このブログですが、こだわり無くいろいろ書いていこうと思います。
ただいまイタリア旅行2013が中途半端な状況です・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
旅のあれこれ
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。