スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒のお話。

ちょっと旅行のお話から、脱線します。

自分はもともとかなーりのお酒好きなので、ビール、焼酎、日本酒、ウィスキー、ワインと出されれば何でも好き嫌いを言わずに飲むんですが、その中でも一番好きというより愛してやまないのがワイン、いや、Vinoなんです。

ワインの中でも、イタリアワインが本当に大好きで、何を飲んだとか記録している訳ではないのですが、おそらく飲んでいるワインの8割ぐらいはイタリアワインだと思います。
なぜイタリアワインを気に入ったのかと言えば、初めは単純にイアリアイタリア(酔ってるか?が好きだからイタリアワインを買うというだけだったのですが、いろいろ飲んでるとイタリアワインって本当に奥深く面白くなってきたんです。

自分がイタリアワインを選ぶ上で一番楽しんでるのは、やたら豊富なブドウの土着品種から珍しいものを探す事。
カベルネ・ソービニヨン、シャルドネといった国際的なブドウ品種は聞いた事があると思います。イタリアにはもちろんそれらを使ったワインもありますが、そういった有名な品種でない、マイナーなブドウ品種が本当にやたらいっぱいあるんです。

ワインの銘柄やブドウ品種を意識しながら買うようになってから7〜8年になりますが、まだまだ初めて聞く品種が出てくるんですよ。それが楽しくてたまらない。そのせいでお金も貯まらない。

そういったマイナーな品種から作られたワインを飲むのが楽しみで、酒屋さんで見つけるとついつい買っちゃうんです。もちろんマイナーじゃないものも一緒に買うからますますお金が貯まらない。(←このくだりはもういい?)

ブログには一部しか書いていないのですが、2011年のイタリア旅行では、ホテルで飲んだもの、お土産で持ってかえってきたものを合わせると10本ぐらい買ってました。
さすが生産地ということもあり、日本で買うより安いのでついついポンポン買っていました。
ですが冷静に考えると「安いと言っても1000円、2000円の差なら日本で買えるワインは日本で買えば良いじゃん。重いし。」これに気づくまで時間がかかりました。(普通は気づく?考えが足りないだけ?せっかくイタリアまで行って日本で飲める酒を飲んでいた自分の愚かさよ・・・。で、そのとき決めました。

海外での自分のワイン選びの基準
・日本では見かけないワインを買う。
・日本で売っているものは日本での販売価格と5000円以上の価格差がなければ買わない。


この2条件は今後絶対に守ること。
自分は楽天で検索して国内で売ってるか、また国内価格がいくらか調べてました。

さてさて、具体的なブドウの品種の話など、あまりマニアックな事を書き始めると奥さんに分かるように書け!と怒られる(海外での携帯電話について、補足。参照)ので今回はこのぐらいにしておきます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOTASAN

Author:NOTASAN
旅行・お酒・洋服・靴・園芸・電化製品・テニス などなど・・・。
相変わらず、中途半端にあれやこれややっております。
あちこちに気が散るうえに忘れっぽい自分。再度1年半以上ほったらかしにしてしまった(忘れていた?)このブログですが、こだわり無くいろいろ書いていこうと思います。
ただいまイタリア旅行2013が中途半端な状況です・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
旅のあれこれ
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。