スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行 パート20 フィレンツェ

ドゥオモへGO!

度重なるプチトラブルに無駄に時間を使ってしまったのでフロントにタクシーを呼んでもらうことに。タクシーに乗り込みドゥオモへ。
あっという間にドゥオモ到着。
おぉ~、覚えてるよ~、ここの景色。10年前に来たよ。

ドゥオモ前にて

10年前は大聖堂の中を見学しただけで、ジョットの鐘楼にもクーポラにも上らなかったので、今回はのどちらかに上ろうと決めてここに来ました。子供たちにどっちがいい?と聞くと鐘楼がいい!(理由は不明)というのでジョットの鐘楼に決定。
入り口がおみやげ物売り場になっているので早速買い物をしたがる子供たち。疲れただの暑いだの文句を言わずに一番上まで行って、また文句を言わずに下りてきたら、ここで何かを買おうねといいつつ早速階段上りスタート。入り口には、全部で階段が414段あるよとの記載が。先は長いな。
序盤は軽快に上っていく。結構長いね。途中途中キリのいい場所に部屋というかなんというか開けた場所があるので、写真を撮ったり休憩したりできました。徐々に景色が上からに変わっていくのが楽しい。

長い階段が上りも下りも同じところを通るので、すれ違う人同志が全く違う言葉で「まだ上あるの?」とか「頑張って」など身振り手振りで励ましあいながら上っていく感じもとても楽しいです。

鐘が置いてある場所に到着。さっそく記念撮影。
左が1階下で撮った写真。右が鐘が置いてある階(左より1フロア上)での写真。

2階だったかな?鐘の前


ここまでくると大聖堂の屋根が真横に見える。(左右の写真の後ろの見え方の違い、わかりますか?)さぁ鐘を見たってことはここがゴールだよね。子供(兄)が絶対414段無かった!と言い張る。はいはい、どうせ数え違いだろう。っていうか数えてたのか!?さあさあ下りようか・・・と思ったらまだ階段があったのか。信じなくってゴメンよ、子供(兄)。
さらに上に進むと外に出た!すごくいい眺め。フィレンツェの街全体が見渡せる。美しいなぁ、このオレンジ一色の統一された町並み。子供たちも上りきったことに満足そう。

フィレンツェ2フィレンツェ1

フィレンツェ3フィレンツェ4

こういう景色が大好き。一周ぐるりと回って記念撮影。長い階段を一生懸命上ってきたんだもんね。ゆっくり堪能しなきゃもったいない・・・んだけどとにかく暑い。そろそろ下りようかってときに向かいのクーポラの上にいる人たちが手を振っているのに気づく。こういうのもいいよね。観光地ならではな感じ。ほらほら子供たち見てごらん。

そのとき子供(兄)が気づいてしまった。
「あっちの方が高くない?こっちの方が高いと思ったのに。」
それか、こっちに決めた理由は!しかしそんなこといったらさぁ・・・、子供(弟)がとても元気よく一言
「あっちも上ろう!」 やっぱり・・・。

オイオイ、マジですか?これから下りて、また上って、また下りるんですか?
いやいやもういいでしょう。暑いし。「とりあえずおみやげ選びに行こう」と気をそらす。

下りも同じ階段を歩く。途中「あとどのくらい?」とか「もう無理」なんて言いながら上ってくる人たちにさっき自分たちもしてもらったように励ましながら下りる。
結構高齢の方も多く上っているように感じました。しかし海外の高齢の方ってパワフルに見える。結構長い階段だったけど楽しそうに上ってました。

ようやく入り口のおみやげ物屋さんまで下りてきました。いやぁ結構疲れるね。いい汗かいた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOTASAN

Author:NOTASAN
旅行・お酒・洋服・靴・園芸・電化製品・テニス などなど・・・。
相変わらず、中途半端にあれやこれややっております。
あちこちに気が散るうえに忘れっぽい自分。再度1年半以上ほったらかしにしてしまった(忘れていた?)このブログですが、こだわり無くいろいろ書いていこうと思います。
ただいまイタリア旅行2013が中途半端な状況です・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
旅のあれこれ
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。