スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行 パート13 ローマ

ここから茶色文字部分が書き忘れ分の追記です。(8月7日追記)

荷物を後半ローマに宿泊するホテルに預ける。

今回の旅行日程はパート7の通り、いったんフィレンツェにいってまたローマに戻ってくる予定になっています。すべての荷物を持ってフィレンツェに行って、またローマにすべて持って帰ってくるのはあまりにも面倒くさすぎる!ということで、後半ローマに宿泊するホテルにあらかじめ荷物を運び、預かってもらおうというミッション!

事前に荷物を預かってもらうことなど今までの旅行で経験したことがなかったけど、ホテルには事前に大丈夫だということを確認してもらっている。しかもこういう風に言うといいよと英語の文章まで教えてもらってる!

昨晩、これはフィレンツェには持っていかないというものを預けるスーツケース2個に詰め込んでおいたので家族みんなでガラガラ押しながらホテルを出発。
今宿泊しているホテルのフロントを通るときにチェックアウトと間違えられるかな?とかもし預かってもらえなかったらまたこれ持ってフィレンツェかぁ?などと考えながら出発。

後半のホテルはHotel Morgana。今宿泊しているホテルから徒歩5分程度の距離。

場所は初日に偶然確認済みだったのであっという間に到着。
フロントのお姉さんに教えてもらった通り「5日後に予約してある者ですが」と名乗り、「その日まで荷物を預かってください」とカタコト英語でちょっとドキドキしながらお願いする。事前に確認済みとは言え、「私は聞いていない!」とかカタコト英語なので「何言ってるかわからない」とか言われたら・・・とかマイナス思考が頭を駆け巡る。(基本気が小さいんです。)
不安をよそにあっさりOK。よかった、これで移動が楽になる。
まぁ、荷物を事前に送っておく人もいるんだから預かってくれるよね。

その時教えてもらった英文をご紹介。
「I have reservation 5 days later. My name is NOTA.SAN. Please keep my baggage until the day.」
どこかおかしくても指摘はなしでお願いします

安心して一度ホテルに戻ってみると、あ、入れ忘れ・・・。後半ローマで着ようと思っていた3日分ぐらいの着替えをいれておいた袋がまだ置きっぱなしだった・・・。まぁ仕方がない。持っていく予定のものが無いよりましだな。などと思いながらも・・・本当に間違えて預けたものがあったらどうしよう・・・。と少々不安になる自分でした。


ここからさらに緑色部分追記。(8月8日追記)

もうここまで記事に書き足すくらいなら、新しく書けば良かったかな?などとおもいつつ追記。

テルミニ駅に明後日の切符を確認しに行く。

事前にネットで予約していたフィレンツェ行きのユーロスター(すごく楽しみ!)の予約の確認に行かなければ。明日はポンペイツアーに参加するので、おそらくそんな時間は無いので今日の午前中に済ませておかなければならない
第2ミッション!
実際に乗車された方は、「そんなことしなくても大丈夫なのに。」と思いの方もいらっしゃると思うんですが、今回はちょっと事情が違ったんです。

実は予約を間違えてしまいまして、Firenze S.M.N駅行きを予約すべきところ、Firenze Campo Di Marte駅行きを予約してしまい、その後予約の変更をネット上で行ったんです。
無事、予約変更の操作が終わり、「ふぅ~っ変更できてよかった」と一息ついていたら、Torenitaliaから変更受付のメールが届きました。
そこには「NewReservation Firenze Campo Di Marte駅発Firenze S.M.N駅行きの列車に予約変更受け付けました。」との記載が???何事だと思い、再度予約変更画面を見るもまだ変更が反映されておらず、変更前のまま。(すこしテンパる自分)時間をおいて確認してもまだ変わらず・・・。(かなりテンパる自分
結局翌日確認したら正しく変更されていて、少し安心したのですが、変更後の明細を印刷しようと思ってもできないし、あのメールが気になって仕方ない。内容確認メールを返信してみたら・・・、送信専用アドレスのようではじかれてしまいました・・・。

TorenitaliaのHPを隈なく探したのですが、問い合わせ用のメールアドレスが見つからず。電話番号だけは見つかったんだけどイタリア語での問い合わせなんて無理!ということで英語が話せる奥さんの友人に相談すると電話番号がわかれば聞いてくれるということに!!

後日、予約は大丈夫みたいだという連絡を貰って一安心!

と普通ならここで終わるのでしょうが・・・、自分は気が小さいためかなりの心配性(いい加減にしか見えないという方も多いのですが)なのでこうなります。

「それでも現地行ったら確認だね」
今回の旅行、最大のミッション!(←おおげさ?)なんです。

で、しかたがなくテルミニ駅に行き、行列に並んだ次第でございます。
古い予約明細と変更後の画面に印刷、それと送られてきたメールを持って窓口へカタコト質問に突撃!

窓口のお兄さんに事情を説明して、印刷してあるもの全てを見せるとやはりあれ?ってな表情をして端末をたたく。
おいおいおい大丈夫なのかよ~。
PNR Code(予約番号)を入力し、お兄さんも安心顔。どうやら無事正しく変更されていたようだ。
念の為古い明細の紙に、列車番号や時間、車両、座席番号などを記入してくれた。ありがとうお兄さん!

これで安心してフィレンツェにも行ける!今日の観光にしゅっぱーつ!

バスでPorta Portese(ポルタポルテーゼ)へ

ホテルフロントのブライアンさんに後でポンペイツアーの予約票を印刷してもらうことを約束して出発。今日は昨日決めたとおり日曜限定の市場ポルタポルテーゼへ。泥棒市場との異名を持つこの市場。いったいどんなものをどんなヤツが売っているのか楽しみだ。盗品とか掴まされてしまうのか?市場って妙な期待感がある。

ホテルからテルミニ駅前の75番のバス停までは超近い。近くのタバッキで€1の切符を2枚購入。小額の札や小銭が少なかったので50ユーロ札で払おうとしたら拒否された・・・。仕方なく残り少ない小額紙幣で支払う。(海外だと高額紙幣が使いにくいことはわかっちゃいるけど、こういうところは日本って便利なんだよなぁ)

バスがやってきた!この旅行初のバス移動!運よく子供たちの分の座席は確保。
バスに揺られているとコロッセオ!が見えてきた!おぉ~!ちょっとテンションアップ!
すると日本語オンリー!なはずの奥さんが誰かと話してる!?
なぁんだ日本人か。と思ったら日本語をとても流暢に話せる台湾の方でした。日本にはもう20回!ぐらい行ったことがあるという日本通な女性。(今までの海外旅行回数20回なんてとてもじゃないけど行ってないっす。その方は日本以外にも色々行っているらしい。うらやましい!)目的地は同じポルタポルテーゼとのこと。女性4人(みなさんとてもキレイでオシャレな感じ)で2週間ぐらいイタリアの各地を旅行しているんだって。
目的地到着!先ほどバスで話していた人たちに記念写真を撮っていただきました。
ポルタポルテーゼ

市場探索開始。
ものすごくたくさんのお店がある!いったいどこまで続くのよこの市場・・・だけど、同じ商品を同じ値段で売っている店が延々と続く感じは何?まるで10種類ぐらいのお店が無限ループしているイメージ。尋常じゃない暑さの中この変化のなさは辛い、掘り出し物を探すことなんてできるのだろうか?

せっかく来たので所々でコマゴマしたものを購入。衣類やアクセサリー、おもちゃなどのお店がほとんど(しかも安物?ばかり)で、野菜などの食品を期待していくとそんなものは全くと言っていいほど見かけませんでした。

そんな中でもいくつかお得にゲットしたものをご紹介。
ローマ帽・ローマ帽子!€4
(たぶん値切ればもっと安くなった・・・と思ったが、他で€12で売っていた!)
双眼鏡・双眼鏡!€8を€5におまけしてくれた。
けど速攻壊れたので取り替えてもらった。返品した物を何事もなかったようにまた並べてたよ。
水鉄砲・水鉄砲!1個€2を4個で€4
これも速攻壊れたので取り替えてもらった。やはり返品した物を何事もなかったようにまた並べてた。
サングラス・子供用サングラス!値段忘れた。←備忘録に書く前に忘れてちゃどうにもならない。
・その他アクセサリー類をちょいちょい。

正直大したお店がない!というのが印象だったが、20~30店に1店ぐらい良い店がある感じ。ただものすごくにぎわってたよ。活気があって雰囲気は良かった。
けど自分たちが行った日がとてつもなく暑かったんで端まで歩く元気がなくなっちゃった。さらに先まで進んだら市場の様子に変化はあったのだろうか?
ここらで切り上げて次の目的地、「真実の口!」に移動することにする。

真実の口へ移動!

はじめに着いたバス停付近まで戻ってきて、バスの切符を買おうとタバッキを探す。近くにある店に切符を売っているか聞くと、売ってないとのこと・・・。
他に店はないし・・・。いったいどこで切符買うのさ!?

ということでバスでポルタポルテーゼに行く方へ。
・ローマパスや1日券で行く。
・帰りの分の€1切符を買っていく。
・75分以内で決着をつける。
のいずれかがいいと思います。
(後日、ネットで調べてみるとバスの中で買える場合もあるような記述もありましたが自分たちはまったく気づかなかった。)

タクシーも近くで捕まえられるのですが、他にもタクシーを待っている人たちがいるので自分たちは炎天下で30分以上待ちました。(日本人のように順番に待つという感覚がない国の観光客もいるので仁義なきタクシー争奪戦でした。その間にバスは普通に通り過ぎていく・・・。)
なんとかタクシーに乗り込み真実の口へ(この旅初タクシー)。タクシードライバーに真実の口近くにランチできる場所がないか聞く、ちょっと先にあるよとのことで道を聞いておく。

真実の口はやはり人気スポット!行列ができてる。自分たちも並ぶ。(40分ぐらい待ったかな?ただ日陰だったので良かった。)みんな口に手を入れておどけた感じで写真をパチリ。おそらく普段は楚々としているであろう修道女?な人もハイテンションで記念撮影してた。やはりこういうところってそういう魅力があるんだよね。

自分たちの順番が回ってきて記念撮影、ちょうど次の人が日本の方だったのでお互いに撮ってもらうことに。ありがとうございました。
真実の口!

10年前は駆け足のローマ観光だったので教会の中に入らずに次の場所に行ってしまったので今回は中に入る。へぇこんな風になってたんだ。やっぱり教会はイイ!
教会内部
南無~。 南無~になってしまう、日本人な子供(兄)。

お布施代わりにおみやげも買っていこう。

忘れないうちに・・・。
・ポルタポルテーゼにバスで行く場合、帰りの切符のことを考えておこう。
・ポルタポルテーゼに掘り出し物ってあるの?過度な期待は禁物。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOTASAN

Author:NOTASAN
旅行・お酒・洋服・靴・園芸・電化製品・テニス などなど・・・。
相変わらず、中途半端にあれやこれややっております。
あちこちに気が散るうえに忘れっぽい自分。再度1年半以上ほったらかしにしてしまった(忘れていた?)このブログですが、こだわり無くいろいろ書いていこうと思います。
ただいまイタリア旅行2013が中途半端な状況です・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
旅のあれこれ
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。